新国際空港11月末情報(動画)



10月時点の工事進捗率は65%ということでしたが、そこから来年6月の開港目指し、工事はどんどん進んでいます。

現時点でシンガポール・クアラルンプール・バンコク・サウジアラビアの国際線4便、国内線10便が決まっているそうですが、今後、ガルーダインドネシア・エアアジア・シティリンク・スリウィジャヤ・カタール航空の乗り入れも予定しているとのこと。

日本からの直行便も検討されており、インドネシア(チルボン)との距離が近づきそうです。