インドネシアのタバコ事情

WHOの統計(2017)によると、インドネシアの15歳以上の男性喫煙率は世界1位(76.2%)、15歳以上の女性喫煙率は世界87位(3.6%)です。

喫煙

インドネシアでは、至るところでタバコを販売しているのを目にします。コンビニやスーパーはもちろん、路上での屋台の数がとにかく多い。

インドネシアはイスラム教徒の数が最も多い国ですが、タバコはハラムではないため禁止されていません。お酒は飲んではいけないという決まりがあるため、タバコを楽しんでいる人が多いのです。

イスラム教では、身体に害となるものを使用することを禁止していますが、インドネシアではタバコが健康に害となる認識が少ないく、むしろ、タバコ自体は植物由来のため使用すること勧めています。

また周りに迷惑をかけることは禁止していますが、インドネシアではタバコが周りに迷惑をかけているという認識が薄いというのが実情です。



※タバコに関するプロジェクトへのお問い合わせは、QRコードを読み取って、代表LINE(INDONESIA GATEWAY)へお願いします。

代表LINE