タバコ工場

タバコ工場

中部ジャワ州 クドゥス所在の【外注許可付きタバコ製造工場】を買収し、機械による製造が開始しました。

この工場を所有したことにより、OEMの受注、諸外国からの受注も可能となりました。

世界におけるタバコ消費量は、1990年代後半から2005年の頃には減少傾向にありましたが、以降10年以上においては、むしろ増加傾向にあります。先進国での喫煙率は、大きな増税により減少しつつありますが、インドネシアを始めアフリカ諸国などでは今後も増加が見込まれます。

これからの10年以内に喫煙大国として世界1位となる予想がされているインドネシアにおいて、政府が「2020年までに国内のタバコ生産量を現在の約3倍に増加させる」との旨を発表しましたが、今回のタバコ製造工場を買収した後に、「新規申請でのタバコ生産ライセンス発行の打ち止め」がなされたことにより、タバコ生産ライセンス工場を所持することは、権益の増大だけでなく、資産価値としても極めて高いものへと変貌しています。

乾燥中のタバコの葉



※タバコに関するプロジェクトへのお問い合わせは、QRコードを読み取って、代表LINE(INDONESIA GATEWAY)へお願いします。

代表LINE