西ジャワ国際空港(BIJB)

新国際空港

5月24日に試験開港した西ジャワ州マジャレンカ県クルタジャティ郡の西ジャワ国際空港(BIJB)に8日、初の民間機となる格安航空シティリンクのスラバヤ便が就航しました。

現在、国内線1便とイスラム教徒の聖地であるメッカへのハッジ(巡礼)便がフライトを行っています。

9月18日には、西ジャワ国際空港とチパリ高速道をつなぐアクセス高速道を建設することが発表され、今月1日にはブディ・カルヤ・スマディ運輸相により、滑走路を、現在の2500メートルから3000メートルに拡張するとの発表がありました。これは、大型機の乗り入れを実現することが目的です。

国際空港としての期待がますます高まっています。